断食ダイエットはかなり体に良い方法、リバウンドしない・安全に行うために

断食ダイエットはかなり体に良い方法、リバウンドしない・安全に行うために

究極の短期ダイエットと話題にもなった断食ダイエットですが、断食とは書いて字のごとく、食事をとらないということです。

 

 

しかし生物である限り、生きていくためには食事をすることは必要ですから、どうにも危険な方法に思えますが、しっかりと手順を踏んで正しい方法ですると断食ダイエットはかなり体に良い方法なのです。では、どうすれば危険なことなく良い体になることが出来るのでしょうか。
そもそも断食をするメリットは何があるのかというと、働き続けて疲れている内臓を休ませることが目的です。

 

 

現代人は一日三食食べることが健康の秘訣であると教え込まれていますから、健康でいようと豊富な食事を三食とる人も多くいます。そうすれば胃腸や肝臓、腎臓などの内臓は休む暇などありません。人間も働き続けていると過労になっていつか倒れてしまうように、内蔵も疲れきってしまえばその働きは悪くなりますから、少し休ませてまた元気に働いてもらおう、というのが断食です。

 

 

断食をすることでしばらくの間栄養素を摂ることがストップされますから内蔵は休むことが出来ます。そして体にたまった老廃物をいつも以上に排出してくれるのでむくみが消え、出て行った老廃物の分の体重が軽くなります。その結果、痩せて肌は綺麗になり、髪も瞳も生き生きと輝きだすのです。

 

 

では危険を伴わない断食ダイエットの方法です。まず、断食ダイエットは短期間行うものであると理解しましょう。おすすめなのは3日間です。これ以上続けると健康に影響が出るリスクがありますし、断食期間を終えた後にリバウンドしてしまう恐れも高まるのです。よって週末を利用した3日間で行うこと、これを数ヶ月に一度くらいの割合で行うことで健康状態を維持出来るでしょう。

 

 

頻繁に行うと体が少ない栄養状態になれてしまい、代謝の悪い体になってしまう恐れがあり、それではダイエット効果は出なくなってしまいます。

 

 

まずは予備断食をしましょう。ダイエット一日目は徐々に食べ物を減らす日です。具体的な行動は、朝食は普通に食べること、昼食をいつもより少なめで終えること、夕食は普段の半分くらいにして眠る前の3時間前には終わらせること、それから水分をたくさんとることです。少ない食べ物になっても体が驚かないように慣らす日ですね。

 

 

そして二日目は、断食本番です。この日は基本的には水以外には口にしませんから、何の予定もない週末などをあてると良いでしょう。ゆったりと過ごします。そして三日目には復食に入ります。食べていない状態からいきなりたくさん胃の負担になるものを食べると体が驚いてしまいますから、この日は消化によいものを食べるようにします。朝食はおかゆなどで済ませ、昼食と夕食は普段と同じものを少なめに食べるようにしましょう。そして食事中は消化をよくするためにいつもよりもよく噛むことを意識してください。また、内臓に刺激を与えることを避けるためにお酒やジュースなどは控えて下さい。

 

 

順番をしっかり守り頻繁に行わないことで、断食ダイエットで一度体をリセットして元気に痩せることが出来ます。

 

 

カロリーを抑えながら甘いものを摂取したい時には美甘麗茶がおすすめです。

 

美甘麗茶の口コミ